株式会社データコントロール

FortiGate 関連製品FortiMail

包括的なEメールセキュリティを提供

メール専用の多層防御アプライアンス。高度なメールセキュリティ機能を提供します。

特徴/効果
  • セキュアなメールゲートウェイとして機能

    メールゲートウェイアプライアンスとして、Webブラウザベースの管理画面から簡単に、導入・管理が可能です。またHA機能、メール・アーカイブなどメールシステムを安定運用するための機能が備わっています。

  • 完全なマルチレイヤーのセキュリティ

    業界の先端を行くセキュリティソリューションを提供。アンチスパム、アンチウイルス、アンチスパイウェア、アンチマルウェア機能を含み、FortiGuardサービスを通じてシグネチャを継続的に更新。

  • 最高レベルの性能と信頼性

    専用MTAエンジンにより、インテリジェントルーティング・ポリシーとQoSポリシーを適用しつつ、ピーク容量を処理。高可用性構成による利用でアップタイムを最大化。

  • 効率のよい所有コストと運用コスト

    アンチスパム、アンチウイルス、アンチスパイウェア、アンチマルウェア機能を統合し、ユーザ数やメールボックス数による制限のない価格体系で保護を提供。フォーティネット社の共通インフラ活用による、トラフィックおよびコンテンツの完全な管理、ロギング、レポート作成機能。

導入オプション
  • ゲートウェイモード

    既存のEメールゲートウェイに対してインバウンドおよびアウトバウンドのプロキシメールトランスファーエージェント(MTA)サービスを提供します。シンプルなDNS MXレコード変更機能によってEメールがFortiMailにリダイレクトされ、そこでアンチスパム/アンチウイルススキャンが実行されます。FortiMailユニットは、メッセージを受信してウイルスやスパムがないかどうかをスキャンしてから、Eメールを宛先のEメールサーバーへと中継します。

  • トランスペアレントモード

    各ネットワークインタフェースに、Eメールを受信および中継するプロキシが含まれます。各プロキシは、宛先IPがFortiMailアプライアンスでなくてもSMTPセッションをインターセプトできます。FortiMailはウイルスやスパムがないかどうかをスキャンしてから、Eメールを宛先のEメールサーバーへと転送します。DNS MXレコードを変更したり、既存のネットワーク構成を変更したりする必要がありません。

PAGE TOP