株式会社データコントロール

FortiGate機能

FortiGate 主な機能

セキュリティ機能

全世界規模で脅威を分析している FortiGurdの最新情報を元にしたセキュリティ機能を持つ FortiGateを社内のゲートウェイなどのネットワークの境界に設置することで、進化し続ける脅威からお客様のネットワークを守ります。これにより、お客様のネットワークへの不正なアクセスを防止し、重要なデータやアプリケーションを安全に運用することができます。

  • アンチウイルス

    シグネチャ/エンジンの自動化されたアップデート配信機能により、最新のウイルスやランサムウェアなどに対し、それらの脅威がお客様のネットワークに感染するリスクをネットワークの入り口で防ぐことができます。

  • ボットネットデータベース

    不正なプログラムに感染してしまった端末から、外部の悪意を持つデータ収集サーバ(C&Cサーバ)への不正な通信をネットワークの出口にて検知/ブロックすることができます。

  • Webフィルタリング

    フィッシングサイトマルウェア、ウイルスなどの不正なファイルが仕込まれいるサイトなどの危険なサイトへ誤ってアクセスしてしまう危険を防止します。また、企業や組織の運営上不適切なコンテンツを含むサイトなど、サイト閲覧に対する細やかなアクセス制御が可能です。

  • アプリケーションコントロール

    FortiGateを通じて送受信される通信からセキュリティリスクの高いアプリケーションや外部サイトやポータルなどへの書き込みなどをお客様のニーズに合わせて制御することが可能です。企業や組織運営上不適切な特定のアプリケーション内における挙動を検知し、任意でアプリケーションの動作を制限することができます。

  • 不正侵入防止

    外部や内部からの不正な通信を検知し、必要に応じてブロックします。お客様のネットワーク内にあるサーバやクライアントの持つ脆弱性を突く攻撃に対してもベンダーが対策を行うまでの間、防御することができます。

その他の機能
  • ファイアウォール基本機能

    通常のNAT/Routeモードの他、トランスペアレントモードを実装し、既存のネットワーク構成を変えることなく、セキュアな環境を提供できます。

  • 管理機能

    多言語に対応したグラフィカルなWebインタフェースを提供し、日本語により直感的な操作を可能にします。

  • VPN機能

    SSL-VPNIPSec-VPNL2TPなどに対応し、インターネット越しにセキュアなVPN環境を容易に構築できます。

  • SSLインスペクション

    近年主流となってきた企業サイトやポータルサイトに利用されるSSL/TLSで暗号化された通信に対して FortiGateのセキュリティ機能を有効にします。これにより、暗号化通信を悪用した脅威の進入を防ぐことができます。
    ※本機能をフルでご利用頂くには、信頼された証明機関から発行された証明書を別途お客様にご用意頂く必要があります。

PAGE TOP