株式会社データコントロール

個人情報や企業機密、企業・団体の存立にかかわるような重要情報が漏洩の危機に見舞われています。営利目的で企業・団体の情報詐取を狙った高度標的型攻撃事件が後を絶ちません。ウィルス対策ソフトやファイアウォールを導入しているだけでは高度標的型攻撃を防ぐには不十分であり、根本的な対策が急務となっているのは明らかです。
FortiGateシリーズをはじめとするFortinet社製品は、高度標的型攻撃をはじめとするさまざまなセキュリティリスクに対応した、統合ネットワークセキュリティソリューションを提供します。

Fortinet 高度標的型攻撃ソリューション

高度標的型攻撃とは?
従来の不特定多数を狙ったばら撒き型の攻撃ではなく、やりとり型と言われる対象を絞った攻撃(システム管理者や役職者を指定した攻撃)を指します。巧妙に偽装したメールなどを特定の対象者に送ることでセキュリティをすり抜け、攻撃へと結び付けます。通常の業務情報との区分けが機械的に明確にできないため、感染へと至る可能性が高い攻撃手段です。
Fortinet社の高度標的型攻撃ソリューション
ForiGateをはじめとするFortinet社製品群を組み合わせて、セキュリティ対策を講じることにより、高度標的型攻撃に対して効率的かつ有効な対策を取ることが可能になります。
  • FortiGate

    インターネットの出入り口に統合セキュリティ機能(UTM)を持つFortiGateを設置します。FortiGateを透過するトラフィックに対して、最新のシグネチャを元に各種セキュリティ機能を適用し、脅威の進入や不正なサイトへのアクセスからお客様のネットワークを守ります。また、外部の悪意あるサーバへの発信を試みる不正な通信による内部ネットワークからの情報漏洩の危険性を監視・防止します。

  • FortiMail

    お客様のメールサーバと連携し、透過型のFortiGateのメールフィルタ機能ではチェックできないメールの脅威を精密に検査し、標的化攻撃のきっかけとなるメールをブロックします。また、お客様のメールサーバが標的化攻撃に利用される(第三者中継など)リスクを低減します。

  • FortiSandbox

    ForiGateやFortiMailのシグネチャで検知されなかった未知の実行プログラムを仮想環境にて評価し、その振舞いをみて危険性を判断します。ForiGateやFortiMailと連携することによって、ユーザの目に触れる前に隔離・ブロックすることで誤った操作による感染リスクを減らすと共に、検知後は迅速なシグネチャの生成によって、ゼロデイアタック攻撃による未知の脅威の拡散を防ぎます。

Fortinet社 WiFiソリューション

WiFiを取り巻く環境の変化
  • WiFi環境の急激な普及に伴って、近年はWindows以外にもAndroidのスマートフォンを狙ったマルウェアが増加しています。
  • フリーWiFi環境を装った不正なアクセスポイントにより、WiFi端末とインターネットの間での情報の詐取される危険性が増加しています。
  • アクセスポイントの過密化により、電波干渉の対策やWiFiデバイスの負荷分散などが必要となるケースが増えています。
  • 工場や病院、教育の現場でのWiFi端末の利用が増え、より広範囲でより多数の端末を用いた、セキュリティと利便性を両立するアクセスポンとのニーズが高まっています。
Android マルウェア サンプル数 累計
安全なアクセスポイントとは?
Fortinet製品のアクセスポイントとコントローラであるFortiGateを組み合わせることで、有線デバイスと同様に無線デバイスにおいても、増加する脅威に対して利用者が意識することなく、堅牢な防御を提供します。また、刻一刻と変化する無線環境下における通信量をコントロールし、アクセスポイントの利用者が感じるストレスを低減させる手段を提供できます。
WiFi環境をより柔軟に、簡単に構築するための3つのモード
お客様の利用条件に合わせて、FortiWiFiは3種類の動作モードを提供します。
  • トンネルモード…有線デバイスと無線デバイスを別々のポリシーで管理。SSID毎にネットワークを区切り、高度なセキュリティや暗号化を実装可能
  • ブリッジモード…有線デバイスと無線デバイスを1つのネットワーク(セグメント)で一元管理可能。有線/無線間で区別なくローカルネットワーク内のアクセスが可能
  • Meshモード…遠隔地にケーブルの敷設なしでアクセスポイントを設置可能。離れた建物や結線が困難な場所にもネットワークを敷設可能
PAGE TOP